テーマ:東アジアクルーズ

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ 最終回

いつもお付き合い頂いた「コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ」も今回で最終回となりました。 随分と引きずりましたが、連載することで、クルーズ中の楽しかった思い出を、もう一度楽しむこともできました。 博多港湾内に入ってきました。博多港箱崎埠頭入港は8時です。 1週間前に出港した博多港箱崎埠頭に戻ってきました…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その20

7月17日の早朝、ロマンチカは博多湾に入ってきました。 この日の天気は「晴れ」です。7日間のクルーズ中、ほとんどが曇りでしたので、この青空は眩しくもさえ感じました。それにしても、本当にきれいな空と海です。皮肉にも、残り2~3時間で着岸するのですが、今回のクルーズでそれを1番に感じました。 島の名前は判りませんが、小島が点…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その19

チェジュ港に戻ってきました。停泊中のコスタ・ロマンチカが待っています。ここの小高い丘は、港を一望することができカップルのデートコースになっているそうです。済州島観光タクシーのガン・ヒタクさんには、本当にお世話になり素晴らしいガイドをしていただき感謝します。 出国手続きを速やかに済ませ、ロマンチカに乗り込みます。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その18

チェジュ島観光も名所巡りを終了して、出港に間に合うようにチェジュ港に向かいます。 その途中、運転手のガンさんにリクエストして、地元の大型スーパーに立ち寄ってもらいました。 海外に行ったら、これが楽しい!下手なテーマパークのアトラクションより楽しめます。 ただ、ただ撮っただけの画像で恐縮です。 (高麗)人参でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その17

サングムブリ噴火口は、韓国で唯一の爆裂火口の寄生火山です。周囲が2kmにも及ぶ噴火口は雄大です。 噴火口の中には、温帯林、暖帯林、常緑闊葉樹林・落葉闊葉樹林が共存しており学術的にも重要な研究対象になっているそうです。天然記念物第263号に指定されている。 入口から10~15分くらいすると噴火口が見えてきます。園内の遊歩道…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その16

チェジュ島は、四国の香川県ほどの広さで、島の周囲は300kmあります。 チェジュ島で有名な「3多」は、石が多い、風が強い、女性が多いこと。「3無」は泥棒がいない、乞食がいない、門が無いことだと、ドライバーのガンさんに教えて頂きました。 チェジュは、いたるところでトルハルバンと呼ばれ守護神を見かけました。 「石のおじさん…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その15

チェジュ島観光は、日本から予約した済州島観光タクシーを利用しました。 日本語が堪能な代表者のキムさんと何度かメールを交わし、1日観光は、世界遺産の万丈窟と城山日出峰とお化け道路をリクエストしました。 ロマンチカが入港するチェジュ港には、8時からお迎えに来てくれることになっています。 ロマンチカが着岸したら直ぐに下船可能になったので…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その14

7月16日、朝靄の中をロマンチカは定刻通り、チェジュ(済州)島に入港しました。 靄は海面が見えなくなるほどで、幻想的な風景にしばし見入ってしまいました。 霧が晴れると、船舶が見えてきました。 チェジュ空港から飛び立った飛行機ですね。 今回のクルーズで、チェジュ島観光は非常に楽し…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その13

7月15日、終日航海日の夜は8階&9階のオペラ劇場で、歌とダンスのミュージカルショーを堪能しました。 シンガー:Philippa&Tudor、ダンサー:Costa Romantica Dancers きれいな歌声と素晴らしいショーに感動でした。ロマンチカに乗船して、このショーが観れたことが1番良かったかな? …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その12

今夜はフォーマルナイトです。6泊7日のクルーズで唯一、1日だけ設定されていました。 ロマンチカのアジアクルーズは非常にカジュアルとは聞いていましたが、一応、インフォーマル用は持参しました。 いつもの「botticelli」へ、一番乗りでした。 レストランスタッフ(クルー)達も正装で、一列に整列して、お出迎えをしてくれました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その11

7月15日、終日航海日(At Sea)です。本日は、朝から船内イベントが目白押しです。 そして午前中には、恒例の緊急時避難訓練があります。 我々博多港からの乗船組は既に避難訓練実施済みなので、今回は天津港からの乗船組対象です。 訓練中は全てのサービスが停止するので、またまた避難訓練に参加しました。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その10

天津出港は、19時の予定です。今夜も「Botticelli」でフルコースをいただきます。 今日は、時間を持余せていた位ですから、出港前の早目の夕食です。 18時過ぎ、まだ、北京ツアーに行かれ方々は戻ってきていません。少々心配です。 今夜は、佐賀県から参加された素敵な親子さん(お母さんと娘さん)と御一緒に食事&会話を楽しみました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その9

7月14日午前10時に予定通り、ロマンチカは中国・天津のポートターミナルに接岸しました。 ここ天津のポートターミナルは、コスタ・ロマンチカがアジアクルーズの基点になることを契機に新たに建設されたと聞きました。白い建物は巨大で、周りには何もない平地がとてつもなく広がっています。 実はこのアジアクルーズ、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その8

終日航海の夜は、あちらこちらで楽しみがいっぱい! 8デッキと9デッキにある「L'Opera Theatre」では、ロマンチカのエンターティナー達が素晴らしいショーを披露していました。お笑いと、素晴らしい歌声で楽しいショーでした。 L'Opera Theatreでのショーの後は、Piazza Ita…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その7

7月13日は、終日航海日(At Sea)です。黄海をひたすら航海します。 こんな日は、のんびりとランチ&船内散策で楽しみます。 この日の船内イベントは、船内新聞(Today)で確認すると、ダンスレッスン、美容セミナー、健康セミナー等がありました。でも参加はせず、まずはランチへ~ 三層吹き抜けのエントランスが良い感じです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その6

今晩はコスタの厨房公開があります。それも、なんと深夜11時からです。夜食とコスタシェフ達の食材アートも見られそうです。早めの行動で、まだ厨房にそれ程人はいませんでした。 きれいに磨き上げられた厨房です。清潔感バッチリです。 見難いですが、シェフのメニュー&レシピがありました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その5

7月12日、釜山出港は16時です。ファンネルからでる煙の状況で出港時間が近いことが分かります。 定刻通り、ロマンチカは16時ジャスト、静かに釜山港を離岸していきます。 パイロットをお迎えにきました。 前方に大きなコンテナ船が。 一路、720海里先の中…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その4

釜山の港から釜山駅近くのロッテ免税店までシャトルバスで40分くらの距離でした。 目的などはなく、町中を散策して「チジミ」でも食べるくらいの気軽な気分です。 シャトルバスはここに到着です。帰りもこの場所でと確認しました。 路地を入るとこんな感じで、庶民の暮らしを感じます。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その3

7月12日、午前8時に定刻通り、ロマンチカは釜山に入港しました。 この日の釜山は曇り。雲が低く降りています。 韓国の「海猿」の船が見えました。 急遽、前日の情報で釜山駅近くまでのシャトルバスが配備されました。 港から釜山駅まではバスで40~50分だそうです。 お出掛け…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その2

船内散策は、これから何回もお世話になる、8デッキのメインダイニングの「Botticelli」から見て回りました。 まだ誰もいないダイニング。これから数時間後には、沢山の乗船客を迎え入れさぞかし賑やかくなることでしょう。 12デッキのプールサイドに出てみました。天気は相変わらずの曇り空なのでファンネルも映え…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その1

7月11日から、博多港発着のコスタ・ロマンチカで、釜山・天津・済州島を6泊7日でクルーズしてきました。 中部国際空港(セントレア)前のホテル(東○イン)に前泊して、翌日のお昼12時の飛行機で福岡空港へ飛び、博多港国際ターミナルへと向かいました。 当日の早朝に自宅から空港に向かっても間に合うのですが、前泊した理由は、朝はゆ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more