テーマ:外国船

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(下船)最終回

ボイジャーはまだ夜も明けぬ午前5時過ぎ、シンガポール港に入港・着岸しました。 睡眠不足の眠い目を擦ってバルコニー出てみると南国特有の湿気です。カメラのレンズも一気に曇ります。 観覧車の隣にはあの「マリナー・ベイ・サンズ」が見えます。 最後の朝食は、Deck 11のウインジャマー・カフェで頂きましたが、凄い人…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(最後のショー)その19

クルーズ最後のプロダクション・ショーは、ラ・スカラシアターでの「ミュージカル イン ピクチャーズ」歌とダンスのショータイムでした。 ラ・スカラシアターは今回の航海記でも紹介しましたが、ここも船内とは思えない、どこかの街中にある劇場のような広さと設備です。 今回も素晴らしいショーでした。船内で楽しめるこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(驚きの国別ランキング)その18

見慣れたロイヤルプロムナードの風景も今夜で最後です。船内とは思えないどこか外国の町並みを思わせる雰囲気が大変気に入りました。 Deck 11からロイヤルプロムナードを望む。 24時間いつでもオープンしている「カフェ・プロムナード」です。美味しいドーナツがありましたね。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(最後の晩餐)その17

ボイジャーは一路、シンガポール港に向けて航行中です。 4日目の夜はカルメンダイニングでのクルーズ最後の晩餐になりました。 毎晩、お世話になったフランシスともお別れです。 今晩はピアノの演奏も、とても優雅に聞こえてきました。 ピアニストの方は私を見て日本人だと気づいたのか、坂本九さんの「上を向いて歩こう」を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(At Sea 午後)その16

お昼はDeck 11の「ウィンジャマーカフェ」で頂きました。もう紹介しましたが、「ウィンジャマーカフェ」はカフェテラス式のレストランです。今回のクルーズでは、お昼はこちらで、朝と夜はダイニングルームへ行くことが多かったです。航跡を見ながらの食事は格別です。欲を言えば、オープンテラス席が良かったです。 好きなものを好きなだけ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(At Sea)その15

クルーズ4日目は、クルーズならでは「At Sea」でした。最後の寄港地のプーケットを昨夜出港して、明日の早朝にシンガポールに帰港します。今日も天気が良く暑くなりそうです。 今朝の朝食はルームサービスにしました。昨夜、メニューにリクエストしたので指定した時間に届けてくれます。 先に電話で配達時間の確認があり、届いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(プールサイドでのデッキパーティー)その14

スカラシアターでのショーが終わってから、22時半~24時まではプールサイドでのデッキパーティーに行きました。明日の夜は下船の準備をしなくてならないので、今夜は遅くまで楽しみます。 プーケット出港後、少々船が揺れました。デッキが濡れているのは、プールの水が溢れてこぼれるからです。 皆さん、転ばないように踊りましょう! …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(3日目の夜)その13

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(Royal Caribbean International)のロゴマークがカッコいいです。 Deck 3にある「スタジオB」です。アイス・スケートリンクですね。 船内にアイス・スケートリンクを作るという発想が凄いです。相当な電力を使うと思うのですが・・・・・どのくらい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(夜の船内)その8

22時15分から開演するプロダクションショー「ブロードウェイ リズム&ライム」を見るため、ラ・スカラシアターに向かいました。 少々早めに行ったので、席はまばらに空いていました。 フラッシュ撮影は禁止です。良いですね~~~劇場のようです。船旅ならではです。 プロダクションショーの後は、ロイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(フォーマルナイト)その7

クルーズ2日目の夜はフォーマルナイトです。夕食は、今夜も予約した同じ時間の同じ場所です。 Deck 5のマジックフルートに向かいます。 今夜のメニューもメモしなかったので料理の名前はわかりません。 それぞれのメインデッシュです。 今夜のデザートは、程よい甘さで美味しかった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(ダイニングでの食事とパレード)その4

クルーズ第一日目の夕食はカジュアルです。マイ・タイム・ダイニングでの夕食は、毎日17時45分~で予約しました。昨日、自宅を出発してから、24時間以上、睡眠らしい睡眠を取っていません。このままベッドで寝ていたい気分でしたが、疲れ体でDeck 5のマジック・フルートに向かいます。 今日から4日間、担当のウエイターは、インド・ボ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(ロイヤルプロムナードと船首へ)その3

メインダイニング散策の後は、Deck 5にあるロイヤルプロムナードに行きました。RCIのメガシップならではで、さながら船の中に町並がある錯覚をしてしまいます。 見えているのは、ロイヤルプロムナード側の客室です。内側の部屋になりますが、、ロイヤルプロムナードが見下ろせるのは良いかも知れませんね。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(部屋とメインダイニング)その2

午後2時になったので、部屋に入れる準備が整いました。 今回予約した部屋は、D2クラスのバルコニーです。右舷のDeck 9後方の「9300」です。 ダイニングに近く、エレベーターにも階段にも近いので船内移動には便利な場所です。 部屋番号も覚えやすい番号を選びました。 部屋を入ってすぐの場所がリビング感覚で、ベッ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボイジャーで行く、マレーシア・プーケットクルーズ(乗船)その1

6月6日(水) いよいよ、ボイジャーでのクルーズの旅が始まります。 今回は、国際線なのでいろいろなことを考慮して、車での移動はやめて、新幹線で品川駅まで行き、羽田国際空港に入りました。飛行機は、23:30 羽田発→シンガポール(チャンギ空港)行き、ANA(NH 151)です。 羽田空港では遅めの夕食(美味しいうどん屋さん…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ボイジャーで行くプーケット・マレーシアクルーズ

ボイジャー乗船まで、約3週間となり、そろそろダイニングでのテーブル席も決定するころです。 今回の乗船料金の支払い時期は失敗でした。3月17日頃に、円安傾向が見られたので、早めにレート(1㌦=87円)で支払いをしてしまいました。その後、しばらくして再び、円高傾向でした。現在、RCIのレートは(1㌦=81~82円)です。 今回、予約…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

HAL Amsterdam 清水港入港 下

出港時間の17時ちょうどに和太鼓の演奏の中、アムステルダムは離岸していきました。 沢山の乗船客がデッキに出て、お見送りの我々に向かって手を振ってくれていました 飛鳥Ⅱは日の出埠頭内でタグによる方向転換を行うのですが、アムステルダムはバックで沖の方まで出て行きます。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

HAL Amsterdam 清水港入港 上

今月の10月7日、アムステルダムがアジア・南太平洋・オセアニア・ハワイクルーズの途中で清水港、日の出埠頭に初入港しました。平日にかかわらず、沢山の人がHLAの船を一目見ようと集まっていました。 歴史と気品があるHALらしい白と黒の船体は客船らしい優雅な姿でした。 HAL Amsterdamの概要 総トン数: 61,00…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Seabourn Pride 下

朝食後は、Seabourn Prideと同じ目線で見てみます。 停泊中はどの船も、船体をきれいに洗浄している光景を目にしますね。 10.000トンクラスの船なので、高圧洗浄機が下からで十分とどきそうですね~ ホテルとの大きさは、飛鳥Ⅱと比較するとさすがに小さいですね。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Seabourn Pride 上

飛鳥Ⅱ、お見送りの翌朝は、シーボーンクルーズのシーボーン・プライドが入港してきました。 今回は、1晩で2度美味しい思いをしました。 Seabourn Pride 乗客定員 208名 、総トン数 10,000トン 、全長 約132メートル 、全幅 約18.9メートル 、喫水 約4.95メートル 巡航速度 16ノット …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その12

今夜はフォーマルナイトです。6泊7日のクルーズで唯一、1日だけ設定されていました。 ロマンチカのアジアクルーズは非常にカジュアルとは聞いていましたが、一応、インフォーマル用は持参しました。 いつもの「botticelli」へ、一番乗りでした。 レストランスタッフ(クルー)達も正装で、一列に整列して、お出迎えをしてくれました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その11

7月15日、終日航海日(At Sea)です。本日は、朝から船内イベントが目白押しです。 そして午前中には、恒例の緊急時避難訓練があります。 我々博多港からの乗船組は既に避難訓練実施済みなので、今回は天津港からの乗船組対象です。 訓練中は全てのサービスが停止するので、またまた避難訓練に参加しました。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その10

天津出港は、19時の予定です。今夜も「Botticelli」でフルコースをいただきます。 今日は、時間を持余せていた位ですから、出港前の早目の夕食です。 18時過ぎ、まだ、北京ツアーに行かれ方々は戻ってきていません。少々心配です。 今夜は、佐賀県から参加された素敵な親子さん(お母さんと娘さん)と御一緒に食事&会話を楽しみました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その9

7月14日午前10時に予定通り、ロマンチカは中国・天津のポートターミナルに接岸しました。 ここ天津のポートターミナルは、コスタ・ロマンチカがアジアクルーズの基点になることを契機に新たに建設されたと聞きました。白い建物は巨大で、周りには何もない平地がとてつもなく広がっています。 実はこのアジアクルーズ、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その8

終日航海の夜は、あちらこちらで楽しみがいっぱい! 8デッキと9デッキにある「L'Opera Theatre」では、ロマンチカのエンターティナー達が素晴らしいショーを披露していました。お笑いと、素晴らしい歌声で楽しいショーでした。 L'Opera Theatreでのショーの後は、Piazza Ita…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その7

7月13日は、終日航海日(At Sea)です。黄海をひたすら航海します。 こんな日は、のんびりとランチ&船内散策で楽しみます。 この日の船内イベントは、船内新聞(Today)で確認すると、ダンスレッスン、美容セミナー、健康セミナー等がありました。でも参加はせず、まずはランチへ~ 三層吹き抜けのエントランスが良い感じです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その6

今晩はコスタの厨房公開があります。それも、なんと深夜11時からです。夜食とコスタシェフ達の食材アートも見られそうです。早めの行動で、まだ厨房にそれ程人はいませんでした。 きれいに磨き上げられた厨房です。清潔感バッチリです。 見難いですが、シェフのメニュー&レシピがありました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その5

7月12日、釜山出港は16時です。ファンネルからでる煙の状況で出港時間が近いことが分かります。 定刻通り、ロマンチカは16時ジャスト、静かに釜山港を離岸していきます。 パイロットをお迎えにきました。 前方に大きなコンテナ船が。 一路、720海里先の中…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

夏のクルーズ計画

先日、クルーズ専門の旅行会社のH・Pを見ていたら、思わず目に止まったコースがありました。 5日間のショートクルーズですが、興味深いコースなので即予約を取りました。 催行は来週決定するそうですが、催行決定が待ち遠しいです。 この船でクルーズ予定です。 愛犬「クルーズ」は実家に預ける予定ですが、まだ親には言っていません{…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クリスタル・セレニティ 清水港入港 その2

定刻の18時、クリスタル・セレニティが清水港を出港していきます。 優雅な船体は、クリスタル・クルーズらしいです。 クリスタル・セレニティの長音三声です。お別れのあいさつが胸にジーンときます。 湾内を静かに進んでいきます。 セレニティを真後ろから見ます。 い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

クリスタル・セレニティ 清水港入港 その1

2009.4.15 クリスタルクルーズの中でも、特に人気のある客船、クリスタル・セレニティが清水港に入港しました。 2009年 ワールドクルーズ途中の寄航です。 なんといっても雑誌「クルーズ」で昨年、人気の客船、外国船部門No1ですから・・・・・・。 注:セレニティ(serenity)は英語で平穏を意味する。 ここ数年、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more