アマデア&コロンバス 清水入港 上

先日の3月10日、清水港に外国船籍のアマデアとコロンバスが同時、初入港しました。
当日は生憎の雨模様で折角の富士山も望めず、乗船客の皆さんには申し訳ない気持ちになりました。
飛鳥からアマデアに船名が変わり、その直後、鳥羽港沖で再会してから今日で約6年ぶりですが、その美しい船体をまた再び見るとができました。

画像


画像


画像


アマデア:ドイツ(フェニックス・ライゼン社)
28,856トン •全長192.81m •全幅24.7m •速力21ノット •乗客定員600名 •1991年建造 •船籍バハマ


画像


画像


画像


クルー達が「こんにちは~」と日本語で手を振ってくれました。

画像


銅鑼が鳴り、出航30分前です。

画像


画像


画像


雨が降っているにもかかわらず、乗船客の皆さんがデッキで手を振ってお別れの挨拶をしてくれていました。
日本に「がんばれのエール」を送ってくれているように感じました。

画像


動画は強風だったので風の音がうるさいです。
アマデアの汽笛は飛鳥の時代から大好きでした。



あまり画質が良くありませんがご了承ください。
こんなに沢山の乗船客の皆さんとクルー達が手を振ってくれている光景は外国船では初めてです。



14時、アマデアは次港の大阪に向けて静かに出港していきました。

画像


コロンバスと安全航海の汽笛の交換は「ジーン」ときます。

画像


傘を振り回す人が入ってしまっていました。残念!



画像

"アマデア&コロンバス 清水入港 上" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント