マレーシアの旅 その10 ペトロナスツインタワー

マレーシアの旅も最終日になりました。
帰りの飛行機は23時30分です。まだ1日、十分時間があります。
今回、マレーシアへの旅を選択した理由の一つは、ペトロナスツインタワーを見ること!
最後に、この偉大な建造物を目に焼きつけるために、ツインタワー周辺を散策してからスカイブリッジ(41階)にも行って来ました。

画像


PETRONAS Twin Towers
高さ452mの88階建てで、マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築された。設計はシーザー・ペリ&アソシエーツ。
建築に関しては日本の建設会社ハザマがタワー1を、韓国のサムスン物産建設部門がタワー2を、それぞれ建設した。なお、41階と42階の二箇所に設けられた2本のタワーを結ぶ連絡橋(スカイブリッジ)は、フランスの建築会社による施工である。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用しました)

クリックして、拡大で見てください。

朝、ホテルの部屋から見えた、ツインタワーです。

画像


ここトレダースホテルから、KLCC(ツインタワー入口付近)まで、写真のバギーで送迎してくれます。

画像


画像


画像


画像は悪いですが、上層階を望遠で撮って見ました。

画像


画像


タワーの真下に行って見ました。凄い迫力でした。

画像


画像


画像


この建造物を見た感想は、人間の英知と人間の未知なる可能性を感じました。

画像


画像


スカイブリッジの入場券(無料ですが人気のため、午前中の早い時間に並んで手に入れます)をゲットしたので、いよいよスカイブリッジへ

画像


画像



"マレーシアの旅 その10 ペトロナスツインタワー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント