2012年 世界ツーリングカー&スーパー耐久選手権 鈴鹿 パレードラン

2012年10月20(土)~21日(日) 鈴鹿サーキットで、2012年 FIA 世界ツーリングカーシリーズ 日本ラウンド&スーパー耐久選手権 第5戦が開催されました。
鈴鹿サーキット様から我が、Zカークラブへのパレードランの要請がありました。
今回、パレードランに参加する車両は、フェアレディZ、NSX,GTR,べレット、コスモスポーツ等でした。
21日の早朝、鈴鹿サーキットでのイベントの際は、恒例になった東名阪自動車道の御在所SAに集合します。
ここからパレード参加台数の「Z」約40台で鈴鹿サーキットを目指しました。
鈴鹿サーキットの西コース裏に待機の駐車スペースが確保されていました。
一応、年代ごとに、S30、S130、Z31、Z32、Z33,Z34の順に整列します。

画像


画像


画像


画像


HONDAの名車「NSX」も続々と集合してきます。

画像


一つのオーナーズクラブだけで、これだけの台数のNSXが集合するのは凄いです。

画像


こんな光景は貴重なので、思わず写真をたくさん撮っていました。

画像


画像


そのままサーキットを走れそうな完成度の高いNSXです。

画像


コスモスポーツも・・・・・昔の車だけど今見ると斬新なデザインです。

画像


色とりどりのべレットも!

画像


コースイベントのピットウォークの時間、いよいよパレード走行の開始です。
西コースのバックストレートから、マーシャルの指示で本コースにコース・インしていきます。
鈴鹿のパレード走行のイベントも、もう5~6回目かな?でも毎回がとても新鮮でテンションが上がります。

画像


コース・マーシャルが笑顔で旗や手を振ってくれます。

画像


鈴鹿サーキット側からは「Zカー2台で隊列をつくり、きれいに走ってくさだい」との要望です。
国際サーキットでは珍しいとされる立体交差です。

画像


こんなに長いストレートを走ると、アクセルを思いっきり踏み込みたくなりますが、あくまでもパレード・走行ですからね。

画像


このコースは、数日前のF1日本グランプリで、小林可夢偉選手が3位表彰台になったと思うと感慨深いです。

画像


画像


コース脇には、レースカーの磨耗したタイヤゴムがたくさん落ちています。

画像


本コースを一周して、西コースよりコース・アウトしていきます。2~3周したかったな~~~

画像


画像


画質が悪いですが、動画も撮りました。雰囲気だけです。



パレード走行が終わった後は、スーパー耐久のレースを観戦します。
応援車両は無論、Z33、34です。

画像


画像


GPスクエアで展示されていた赤のアドバンGTRです。理屈なしに格好良いです。
日産のデザイナーは素晴らしい。

画像


画像


レース終了後のパドック裏に行きました。ちょうど、レース車両をトランスポーターに積み込む作業中でした。

画像


なかなか見られない光景ですね。

画像


画像


珍しい光景なので、動画も撮ってみました。



マッチのKONDOレーシングですね。お見えになっていたそうですが、マッチにはお会いえませんでした。

画像


スーパー耐久GT3クラスで優勝した「PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3」です。
とにかく群を抜いて速かったです。

画像


アドバンタイヤを運ぶトレーラーでしょうか?公道ではとても目立ちますね。

画像


帰りの東名阪自動車道では、恒例の15kmの渋滞でしたが午後9時過ぎ、無事帰宅です。充実の1日でした。クルーズは1日留守番でしたので、ご褒美に疲れた体で散歩に行きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント