夏の東北への旅(山形・鶴岡~新潟・笹川流れ~寺泊)最終回

山形自動車道をひたすら西に向かい、山形県の鶴岡市のホテルに到着したのは、23時頃でした。
高速を降りてから途中でナビがストライキを起し、道路案内を放棄したため少々、時間ロスがありました。
オーシャンビューのホテルでしたが深夜の到着で景色がまったく分かりませんでした。しかし、朝起きたらこのような素晴らしいビューでした。(部屋から眺めです)
http://www.view-uminohotel.com/

画像


画像


翌日は日本海沿いをひたすら南下します。

画像


画像


画像


途中で立ち寄ったあつみ温泉の「道の駅」では、野菜やおみやげを買いました。

画像


画像


景勝、笹川流れに来ました。http://www.city.murakami.lg.jp/kanko/sanpoku/kankou-3_18.jsp

画像


お昼時でしたので、「ちどり」さんでお昼を頂きました。

画像


画像


店内から日本海の海が一望できます。
とてもきれいな海です。透明度が高いです。

画像


プライベートビーチですね。

画像


日本海の海の幸を頂きました。

画像


新潟に入り途中で見た景色ですが、メキシコのカボサンルーカスで見た景色に似ています?
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/012/778/85/N000/000/000/IMG_0294.JPG

画像


画像


今夜の宿泊先は、長野県の佐久市です。ひたすら新潟を南下します。新潟は南北に長いです。

画像


途中で見た雲です。サルの腰掛みたいと妻が撮っていました。

画像


画像


寺泊の魚のアメ横に寄りました。

画像


画像


串に刺した魚をこんな感じで売っています。新鮮な焼き魚が沢山並んでいました。

画像


この後、北陸自動車道の柏崎ICから、上信越自動車を南下して佐久IC近くの宿で1泊。翌日の夕方、無事自宅に戻りました。

夏の東北への旅

8月21日(火)~8月26日(日)

訪れた被災された地域
名取市閖上地区・南三陸町・陸前高田市・気仙沼(岩井崎)・大槌町・山田町・浄土ヶ浜・宮古田老地区・大船渡・
気仙沼市街地・松島町・石巻市・女川町

今思い出しても、訪れた地域の光景は全て鮮明に覚えています。
これからも被災された地域を忘れることなく、復興が進む光景を見届けていきたいと思っています。
とくに、大槌町には来年も行きたいと思っています。

全走行距離:約2.400km
給油回数:7回(約120L)
平均燃費:20km/L

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たえこ
2012年11月09日 20:58
naoさん  すごい~~

こんなに長いドライブはお若いから出来ます。
素晴らしい様子や辛い様子に接して、意義深い事です!!!

今の内に被災地も、特に大槌町にゆかれて復興にお役に立てられてください。

我々にはもう~ 給油7回もの旅は不可能です。
代表して行かれて、又その後を見せてくださいね~~
本当にご苦労様でした。ナビも疲れたんでしょうか?

nao
2012年11月10日 00:58
たえこさん、こんばんは~

東北への旅を最後まで見て頂き、そして毎回のコメントまで頂き、本当にありがとうございました
たえこさんから頂いたお言葉が、この時期、東北へ出かけて良かったとの思いを後押ししてくれました
軽自動車での旅で少々疲れましたが、生涯忘れられない旅になったことは間違いありません。
いつかまた、復興を遂げた東北の各地を旅したいと思っています
ぽんぽこりん
2012年11月10日 21:28
naoさん こんばんは!

最近のテレビのコマーシャルで、「行ったつもりが一番もったいない・・・」というセリフがあるんです。
今回のnaoさんのレポは、まさにコレだ! と思いました。

naoさんは今回のレポを始めることを戸惑っていらっしゃいました。
そして、始めた直後も、続けることを躊躇っていらっしゃいました。
確か、そうおっしゃっていましたね。

でも、こうして最終回まで見せていただけました。
被災地の今を気にかけてはいますが、現地に行くなどの行動は起こしていない私は、naoさんの動きを見せていただいて、自分を情けなく思いました。
naoさんの行動力に改めて感謝いたします。
本当にありがとうございました。
nao
2012年11月11日 17:56
ぽんぽこりさん、こんばんは~

最後まで見て頂き、そして、心がこもったコメントまで頂き
本当にありがとうございます。

まだまだ、復興が進んでいない被災された地域に行くことは、復興工事の妨げになることも考えられるし、未だ行方不明の方がおられる地域に、他県ナンバーの自家用車が入るのは、快く思わない方もいらっしゃるのではないかと思いました。
しかし、今回の震災は、静岡県に住んでいる私としてはとても人事ではないし、微力ながら何か応援したい気持ちの一心でこの夏、訪れることになった次第です。

今回のレポートを見て同感し、そして応援して頂いたぽんぽこりんさんやたえこさんからのお言葉で、改めて行って良かったと今、そう思っています