沖縄 久米島の旅 最終回

夕刻になり、レンタカーを返す時間が近づいてきました。最後に見ておきたかったのは、久米島港に入港するフェリーです。沖縄本島と久米島を結ぶ大切な航路です。

画像


17時、遠くに「ニューくめじま」が見えてきました。

画像


画像


見た感じは、1000クラスのフェリーでしょうか?
自力で旋回、バックで接岸します。

画像


画像


接岸の様子を見ていました。手馴れた一連の作業です。

画像


南国の青い空に一筋の飛行機雲が・・・・・

画像


最後に民家の屋根にいて目に付いた、シーサーにさよならです。

画像


19時05分発の久米島空港発→那覇空港行きJTA222便に乗ります。

画像


那覇空港には約30分で到着です。
那覇からは21時00分発の羽田行きJAL928便に乗ります。
夕食は那覇空港内でゆっくり頂くつもりでしたが、どこのお店も20時で閉店していました。
空いているのはフード・コートのみです。フード・コートでの沖縄豚カツカレーは美味しかった!

画像


こちらは、沖縄豚カツ丼だったかな?

画像


深夜、23時20分、無事に羽田空港に到着です。
その後は、羽田空港から高速を飛ばし、自宅には午前3時ごろ帰宅しました。疲れた~~~

お土産は、お酒の好きな方へ
久米島の泡盛ですね。30年ものです。

画像


各種、オリオンビールです。

画像


画像


そして妻が、はての浜で拾った貝殻達です。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まゆき
2011年12月06日 23:23
naoさん、こんばんは。

最近、すっかりフェリーファンになっている私には嬉しい「ニューくめじま」の入港シーンです。定期航路のフェリーの接岸作業は、ほんと手慣れていますね。
いつか、沖縄行きのフェリーにも乗ってみたいと思っています。
石垣島のシーサーは屋根職人が造っているそうで、屋根の色とマッチしていましたが、久米島も同じ色でできてますね。

最後の貝殻のお土産が素敵です。
2011年12月07日 11:17
naoさん  こんにちわ~

まゆきさんと同じで貝殻がとても羨ましいです。
こんなに珍しい貝が落ちてるんですか?
それだけでも嬉しいですね~

綺麗な白砂と青い海、海の岩、日本と思えない美しい久米島ですね~何時か行きたいです。
楽しませて頂きました。

その上、羽田から自動車飛ばして~ 
朝の三時にご自宅に~、がスゴイ~ 
お若いから出来ますね~  
nao
2011年12月08日 00:26
まゆきさん、こんばんは~

まゆきさんのフェリー航海記は、楽しく拝読させて頂いています。
定期航路のフェリーは、客船と違い、思い立ったたら乗船できるのが魅力ですね。
船旅を楽しむのなら、時間に縛られずある意味客船よりもフェリーの方が良いかもしれませんね。

沖縄へフェリーですか?
良いですね~~~
48時間以上の船旅ですね。良いな~~~
nao
2011年12月08日 00:34
たえこさん、こんばんは~

久米島のはての浜の思い出は、深く心に残っています。
きれいな海と空と砂浜!

是非是非、たえこさんも行ってみてください。
泳がなくても、観光だけでも、はての浜には渡れますから。久米島には、関東地方が寒い時期に行くのが良いのかもしれません。羽田からの直行便もあるそうです。

>朝の三時にご自宅に~、がスゴイ~

それがもうへろへろでした

この記事へのトラックバック