スーパースター・リブラの旅 その19

クルーズ最後の朝を迎えました。今日でリブラともお別れです。ペナン島への入港は午前10時です。
この日の朝、海上は霧で霞んで写真の様な幻想的な風景でした。

画像


画像


画像


最後の朝は、Deck 9のマリナーズ・ブッフェで頂きました。リブラがペナン島に近づいてきころには、霧もすっかり晴れていました。

画像


左舷側にペナン島の建物が見えてきました。

画像


定刻の午前10時に無事、リブラはペナン島の港に入港しました。リブラさん、思い出に残る船旅をありがとう!
荷物を下船先でピックアップして入国審査を受けます。
その後、待機してくれていたお迎えのバスで、クアラルンプールに戻ります。


途中でお昼を食べた(名物イポー料理)レストラン前の風景です。

画像


画像


5時間ほどの移動でクアラルンプール市内に入ってきました。
独立広場(ムルデカ・スクエア)前です。

画像


画像


独立広場(ムルデカ・スクエア)です。

画像


画像


画像


世界一の高さを誇る100m の掲揚塔には、マレーシアの国旗がはためいており、独立記念日の式典もここで行われると聞いた。

画像


画像


高さ400mを越すクアラルンプール・タワー(KLタワー)です。

画像


クアラルンプール国際空港に向かう途中の高速道路から見えたペトロナス・ツインタワーです。
小さく写った竹の子のような2本あるのがツインタワーです。(一昨年、このタワーに登りました)

画像


画像


バスは一路、クアラルンプール国際空港に向かいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年10月16日 02:48
下船の日、すごく寂しいですよね
船が次のお客さんを乗せて出港する姿を見ると
「置いていかないで~~!」と悲しくなっちゃいます。
日本のサラリーマンだとどうしてもロングバケーション取得が難しく、
どんなに長くても1週間のクルーズ。。。。
飛行機代が一番高かったりするので、もっと長く乗っていたいのになぁ・・・
といつも残念に感じています。

朝の霧、スゴイですね!
ロンドンの霧を思い出しました。
1メートル先の人が見えなくて歩くのが怖かったです。
nao
2011年10月16日 22:33
Emiさん、こちらへのコメントもありがとうございます
クルーズは非日常の世界ですから、このまま終わらないで・・・・・と思う気持ちと同時に、帰ってからの仕事のことを考えてしまうと気分が一気に冷めてしまいます
帰路につく機上で、余韻に浸りながら今度の旅行を密かに計画してしまいます。

>飛行機代が一番高かったりするので、もっと長く乗っていたいのになぁ・・・

確かにそうですね!クルーズ代だけなら、ほとんどの外国船は1泊(下のキャビンなら)、日本円で1~2万円くらいですからね。
日本船が高すぎです!

ロンドンの霧ですか?
幻想的な景色を想像していました



まゆき
2011年10月17日 01:31
naoさん、こんばんは。
しばらくぶりのコメントです。

スカッと晴れた青い空も気持ちいいですが、こんな幻想的な海や空もまた趣がありますね。私は、あまり出会ったことはないのですが。

ちょっと他の方のコメントなど読ませていただいていたのですが、お休みの件です。私の職場は、ほんとうに皆勤勉で休まないのです。なので、私のようなものは肩身が狭いというか、やりづらいというか、、、まぁ、最近では割り切ってますが。それでも一週間の連続休暇すら取れない現状です。
みんな、もっと休もうよ~~
nao
2011年10月17日 23:14
まゆきさん、こんばんは~

コメント頂き、嬉しいです!

>お休みの件です・・・・・

僕もまゆきさんと同じことを感じています。
皆、休みの数は同じなのだけれど、連休、それも1週間以上になると目立ってしまう。
うちの職場も連休を取らない、言い方変えると連休ではなく、2~3日の連休を数回取る方が、体が休まりその方が良いといった人が多いのです。
僕が皆に「7~10日くらいの連休を取ろう」と言っても上記の通りです。
先ほど言った通り、休みの数は同じなのだけれど何故か、長期連休は罪悪感すら覚えてしまう。
日本人が余暇の使い方が上手ではないのはしょうがないことなのか?
クルーズという魅力に、はまってしました宿命なのでしょうか?
たま~に、喫茶店のマスターにでもなり、自由にクルーズできる生活に脱サラしようかな~なんて夢物語を想像しています。(いや~結構マジだったりして)

この記事へのトラックバック