コスタ・ロマンチカでの東アジアクルーズ その17

サングムブリ噴火口は、韓国で唯一の爆裂火口の寄生火山です。周囲が2kmにも及ぶ噴火口は雄大です。
噴火口の中には、温帯林、暖帯林、常緑闊葉樹林・落葉闊葉樹林が共存しており学術的にも重要な研究対象になっているそうです。天然記念物第263号に指定されている。

画像


入口から10~15分くらいすると噴火口が見えてきます。園内の遊歩道はきれいに整備されていました。

画像


噴火口は深さ約100mあるそうですが、画像からでは判りづらいですね。深い谷間でした。

画像


次に向かったのは、万丈窟(世界遺産に指定されている)
つららのような溶岩鐘乳と地面から突き出したような溶岩石筍が出会い柱に なった溶岩柱と、様々な形の洞窟生成物があり、 特に溶岩柱は世界一を誇っています。
20~30万年前にコムンオルム(寄生火山)から噴出した溶岩が海岸線までの長い距離に達する過程で形成された典型的な溶岩洞窟です。洞窟の総延長は78kmと世界でも最大規模だそうです。

画像


神秘的な洞窟内(壁)は、人の手で掘られたような大きさと滑らかな形状でした。
洞窟内は暗くて残念なことに、きれいに撮れた画像が少なくて紹介できません。

画像


自然に出来た溶岩鐘乳は、チェジュ島の形をしていました。
真ん中の高くなっている所は、チェジュ島のシンボルで世界遺産の漢soon(ハンラ)山にも見えます。
本当に自然が造る芸術です。

画像


そして次に立ち寄ったのは、楽しみにしていたトケビ道路(神秘の道路)です。
お化け道路とも言われているそうです。
登り坂なのにエンジンを切った車が自然に登っていきます。勿論、これは錯視現象で、周囲の環境の影響によって、実際に傾斜度の低い所が視覚的に高く見えるというわけです。

実際に撮影した動画です。運転手のガンさんがエンジンを切って、車の鍵も抜いてくれました。
登り坂に見えますよね!エンジンを切った坂を、ぐいぐい登って行きますよ~



画像


画像


ここにも書かれていますが、1980年、ハネムーン客を乗せたタクシーの運転手によって偶然発見されたそうです。

画像


チェジュ観光中、雲で隠れていた、チェジュの世界遺産、漢soon(ハンラ)山を初めて見ることができました。

画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たえこ
2010年09月16日 16:33

こんにちは(^ヮ^)~  naoさん 

まあ~~ 珍しい様子を二つ!!  すご~い!!

まず、「万丈窟」
洞窟の総延長は78kmと世界でも最大の溶岩洞窟ですか?
フ~~ム 凄いです。 見て見たいです。
暑くないシーズンに行こうかな?
見せて頂き、お陰さまです。

トケビ道路(神秘の道路)、お化け道路!

動画はnaoさんですね~~ お上手!!
キーを外して~ホントに~~
それから日本と違い、右側通行なんですね? 
知りませんでした。

近いお国なのに~ 何も知らないのは失礼かも?
是非半島の方にも行きたいです。

隣人同士力を合わせて不景気吹き飛ばそう~
あちらはイヤって言うかも? この頃変な日本ですから~
2010年09月16日 23:49
お化け道路とはおもしろいですね。でもほんと、登ってるみたいに見えますね。
神秘的な洞窟、私もいってみたいです。ひんやりした壁を触れるものなら触ったり、空気の臭いを嗅いだり……と、こういうところはやっぱり自分でいって五感をフルにつかって見るのがいいですよね。
近場のクルーズでこんなに見所がたくさんってかなりおいしいですね~♪
nao
2010年09月17日 10:49
たえこさん、こんにちは~

朝晩は涼しくなり、すっかり秋めいてきましたね~

いつも早々のコメントに感謝です!
万丈窟内は水が溜まってるいると所もあり、少々あるづらいですが、洞窟内の広いところではコンサートも開かれる時があるそうです。
音響効果はバッグンだと思います♪♪♪

お化け道路は、実際は画像で見るよりももっと勾配があるように感じましたよ~

九州からは、非常に近い国なのに、本当に異国を感じます。不思議です。

>隣人同士力を合わせて不景気吹き飛ばそう~

韓国の方人は○○の国(万博開催の国)の方よりも断然友好的だと思います。

nao
2010年09月17日 11:04
みーな丸さん、こんにちは~

たえこさんにも書きましたが、お化け道路は、実際は画像で見るよりももっと勾配があるように感じました。
坂のどちらに勾配があるのか、皆さんペットボトルを転がしたり、水をこぼしてみたりとミニ実験をしていましたよ!

>万丈窟内はヒンヤリ(←方言かな?でもみーな丸さんの使っていたね)していました。

真夏なのに涼しく、多分15℃くらいだと思います。
洞窟内の壁は、掘削機で掘ったようにきれいでした。
見学できる洞窟内は限られていて、その先はまだまだ公開されていない所や未知の所もあるのでしょうね。

韓国はお隣の国なのに、異国を感じさせる国です。
なんせ、言葉が全くわかりませんから!



この記事へのトラックバック