K'z ROAD

先日の6月6日は、静岡県浜松市天竜区春野町気田出身で、名車フェアレディZの生みの親であるとともに米国自動車殿堂入りを果たした片山豊氏が昨年、満100歳を迎えられたことを記念して、春野町内にドライブコース、K'z ロードを設定しました。K'z ロードは「あきはコース」「すみれコース」「やしおコース」の3コースで春野の自然を満喫できるドライブコースです。

その当日は、K'z ロードのオープニングセレモニーがあり、約100台のフェアレディZとその仲間が集まり祝いました。
歴代のダットサンSP・SR・フェアレディZ30・Z31・Z32・Z33・Z34が次々に・・・・・・

画像


画像


セレモニーは、片山氏の挨拶、浜松市天竜区長の挨拶、春野観光局長の挨拶、来賓挨拶等や地元の高校生のバンド演奏と続き、テープカットやK'z ロード看板の除幕式がありました。

画像


画像


画像


画像


式典の後は、いよいよ片山さんを先頭に、K'z ロードを約100台のZで快走しました。
沢山の春野町民の皆さんが沿道に立って手を振ってくださいました。

画像


画像


画像


画像


画像


K'z ロードを快走した後は、参加者全員で秋葉神社に行き、交通安全とZcarクラブの発展を御祈念していただきました。秋葉神社は標高約、900mの所にある総本宮で、火の幸を恵み、悪火を鎮め、火を司り給う神様として、全国津々浦々から崇敬されいます。

画像



画像


画像


画像


こんな「のぼり」もありました!

画像


翌日には、地元の静岡新聞に「K'z ロードの記念セレモニー」の様子が掲載されていました。

画像


日本の車の中でも長い歴史と世界からも高い評価と名声を得た名車「フェアレディZ」のオーナになれたことに喜びを感じた1日でした。
気さくで、謙虚な片山さんとの触れあいも嬉しかったです。

画像




Wikipediaより引用
片山 豊氏(かたやま ゆたか、1909年9月15日 - )は、日本の企業家である。静岡県周智郡気多村(現在の浜松市天竜区春野町気田)生まれ。
片山は米国日産の初代社長となり、日本車の機能性と、日本人の特性を生かした細やかなサービスで、日産車を米国に浸透させた。
社長室のドアはいつも開け放たれ、誰もが自由に出入りできる環境をつくるなど、フランクで自由を尊重する人柄でも知られ、社員からはMr.K(ミスターK)と呼ばれ、慕われていた。

また、フェアレディZの生みの親として後に米国自動車殿堂入りしているが、エンジニア以外での殿堂入りは非常に稀な例である。Z-car Festaを初めとするイベントにも頻繁に出席しており、「Z-car(ズィーカー)の父」として各国のファンの間では神格化されている。ファンへのサインに添えられる言葉には「Live life, love cars」の他、「快走」もある。
2005年5月22日には「生まれ故郷であり、自然に恵まれた春野を皆さんに紹介したい」との豊の言葉から、春野町が主催となり春野町民、日産自動車、フェアレディZオーナーズクラブ(D.S.C.C.中部)を中心に「K'z meeting in HARUNO」が開催され、本人も出席。春野の山間にある「ふれあい公園」には全国から歴代フェアレディ約700台と、町民を含め約5,000人が集った。自治体、自動車メーカー、ユーザーが一体となった自動車イベントは他に例が少なく、今なお語り継がれている。また、2007年には、浜松市春野歴史民俗資料館にて「Zの父・片山豊展」が開催された。
現在、浜松市の「浜松市やらまいか大使」として浜松市のPR活動も行う。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

まゆき
2010年06月18日 19:50
naoさん、こんばんは。

フェアレディZの話題の時は、naoさんの、この車に対する愛情がいつも溢れていますね。
今回もジンジンと伝わってきます。

それにしても、片山さんって100歳でもお元気そうですね。
やはり、大きな仕事を成し遂げられた方は、内から溢れ出るオーラを感じます。
nao
2010年06月18日 21:34
まゆきさん、今晩は!

今、こちらは雨が非常に強く降っています。

>この車に対する愛情がいつも溢れていますね。

ありがとうございますZには、今でもべた惚れです!

>それにしても、片山さんって100歳でもお元気そうですね。

そうなんですよ!片山さんの挨拶もあったのですが、10分以上はかるくスピーチされていましたよ~
内容も素晴らしく、いつもビックリ
大物なのに謙虚で、周りの人にも配慮され素晴らしい方です。
一流の人は、こんな方を言うのだと思います。
3流4流ほど、自分を大きく見せ、偉ぶるので直ぐに解ります。



ぽんぽこりん
2010年06月20日 12:52
naoさん こんにちは!
Zが大集合!
これは迫力があったでしょうね。
同じ車種を愛する人達の集まりは、バイクでは良く聞く話ですが、車では珍しいのではないでしょうか。
片山氏のお元気そうな姿と併せて、興味深く読ませていただきました。
この日を一番喜んでいらしたのは片山氏だったかもしれませんね。
nao
2010年06月20日 14:18
ぽんぽこりんさん、こんにちは!

この日のイベントは、100台限定でしたので少々、少ない気もしましたが、昨年の9月に開催した、片山氏100歳のお祝いには、全国から約1000台のZcarオーナーが浜名湖(花博覧会跡地)集まり、大変な賑わいでした。

>同じ車種を愛する人達の集まりは、バイクでは良く聞く話ですが、車では珍しいのではないでしょうか

若者の車離れもありますが、意外にもどの車種でもクラブや同好会はあるんですね~
とくにスポーツカーや外車は多いですね!

>この日を一番喜んでいらしたのは片山氏だったかもしれませんね

本当に、ぽんぽこりんさんの仰る通りだと思います。
嬉しそうな笑顔で、振舞っていました。




みーな丸
2010年06月21日 00:34
私はフェアレディZの後ろ姿が好きです。

大学の頃付き合っていた人がスポーツカー好きで、車を選ぶときに試乗したことがあります。
「AZー1」に乗っていたのですが、結局それを売ってGTーRを買っていました。私は後ろ姿がいいからという理由でZを推していたのですが……。(その頃、naoさんのことを知っていれば、もっとちゃんとした理由でおせたのになぁ……)

片山さんとの交流と100台のZが走る光景、naoさんの心の宝物がまた一つ増えましたね!
nao
2010年06月22日 00:04
みーな丸さん、こんにちは。

>私はフェアレディZの後ろ姿が好きです。

ハイ!確かにヒップラインもセクシーです!
でも、Zはどこから見ても良いですね~(笑)
特に左斜め後ろ45°の角度からが良いですね~

車も客船もこの左斜め後ろ45°の角度からのアングルが個人的には大好きです。
大型の客船は、この角度での撮影はなかなか難しいですね!

>片山さんとの交流と100台のZが走る光景、naoさんの心の宝物がまた一つ増えましたね!

ハイ!みーな丸さんの仰る通りです。
「心の宝物」素晴らしい表現に感激です


GTRも完成度が高く良い車だと思います。

hiroshi
2010年06月25日 11:46
Zカーと片山さん、単純に一メーカーの誇りであるばかりでなく、日本の車業界の偉大な足跡の一つですものね~。

我々世代のオトコのほとんどは、今もなお、NAOさんのお乗りになっている車に特別の尊敬と畏怖、愛着の念を持っています。

もうすぐ、あと2週間余りになりましたね~~。
コスタでの船旅。
お帰りになってからのお写真、楽しみにしています。
楽しいクルーズを
nao
2010年06月25日 21:26
hiroshiさん、こんばんは

確かに片山さんの米国での功績は大きいと思います。
偉大な方なのに自分のことを、いちセールスマンと言っています。一流の人ほど謙虚なこと感じました。

>お乗りになっている車に特別の尊敬と畏怖、愛着の念を持っています。

いや~そんなことを言っていただき誠に恐縮です

>お帰りになってからのお写真、楽しみにしています。

下手な写真ですが、楽しんでもらえる様なアングルに心がけてみます


この記事へのトラックバック