マレーシアの旅 その8 マラッカ

マラッカの歴史は、主にマラッカ王朝時代とポルトガル、オランダの統治時代に分けられる
それ以降もイギリスの統治下に入り、日本にも占領された歴史をもつ。

ここは、赤レンガでできたオランダ建築様式の建物が集まるオランダ広場です。

画像


画像


トライショー(人力車)が待機しています。
ここ後、乗りましたよ~~~

画像


画像


セント・ポール教会。

画像


サビエルの布教の拠点跡
1521年に建造されたが、現在は外壁と内部に墓石が残るのみ。

画像


画像


画像


画像


ここの丘から、マラッカの町を一望できました。マラッカ海峡も見えました。

画像


画像


画像


サンチャゴ砦。
1511年にポルトガルの総監が建造した要塞。

画像


画像


いよいよトライショーに乗って、お昼を食べに行きます。

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

hiroshi
2009年10月18日 10:15
マラッカのトライショーは、華やかですね~。花がいっぱい、咲き乱れているのですね。乗ると、少しテレますね~。

まさか、ホンモノの花ではないですよね? 造花なのでしょうが、キレイですね。

ザビエルは、スペインのフランスとの国境に連なるピレネー山脈のふもとの街、ハビエル(日本語ではザビエル)の生まれで、彼の一族の城ハビエル城があり、バスクへ行った途中、あちらも行ってきました。緑に囲まれた小さな街で、自然豊かな場所でした。
nao
2009年10月18日 23:55
hiroshiさん、今晩は。

>マラッカのトライショーは、華やかですね~。

ハイ!確かに華やかでした! 
彼らは、お客の目を引くために、自慢の愛車を綺麗に飾っているのでしょう~
昔、流行った菅原文太の「トラック野郎」の飾りつけ見たいに、プロ意識を感じました

トライショーの乗り心地はgoodでした
マラッカはさすがに日差しが強く、暑かったですからトライショーに乗って受ける風が、気持ち良かったです

ザビエルのお話もそうですが、いつもhiroshiさんに教えていただくことが多く、大変感謝しています

たえこ
2009年10月21日 18:51
naoさん  コンバン(^ヮ^)

お見送りのコメント頂いたばかりですが、もう~旅が終わり寂しい様な、あっけない事です。

マラッカの様子嬉しいです。
懐かしい景色もいっぱいですが~ 日本語の碑が目を引きます。
そうか? あそこを私も歩いたんだとセント・ポール教会を見つめました。
クライストチャーチも~、クアラルンプールのムルデカ・スクエアも~ 有難う!
nao
2009年10月22日 23:42
たえこさん、お帰りなさい

思い出がいっぱいの船旅はいかかでしたか
>もう~旅が終わり寂しい様な、あっけない事です。

待っている方は長く感じますが、楽しい日々はあっという間に過ぎてしまうものなんですね~~~

マラッカは良いところでした!
マラッカに1~2泊したかったです。
しかし、暑かったな~~~

この記事へのトラックバック