クリスタル・セレニティ 清水港入港 その1

2009.4.15 クリスタルクルーズの中でも、特に人気のある客船、クリスタル・セレニティが清水港に入港しました。
2009年 ワールドクルーズ途中の寄航です。
なんといっても雑誌「クルーズ」で昨年、人気の客船、外国船部門No1ですから・・・・・・。

注:セレニティ(serenity)は英語で平穏を意味する。

ここ数年、清水港も大型客船がたびたび入港して、港町が活気付いています。

画像


画像


クリスタル・セレニティの大きさは、飛鳥Ⅱを上回る、68.870トン・全長250mで初就航は2003年7月、建造費は3億5000万ドルだそうです。

画像


画像


船の後方より「クリスタル・セレニティ」のロゴを入れてパシャ!

画像


画像


画像


歓迎の式典や地元の特産品の試食会などが行われたそうです。

画像


画像


画像


船首にはしっかり「NYK」のロゴが入っています。

画像


画像


青空に飛行機雲がくっきりでした。

画像


定刻18時、クリスタル・セレニティは次港の横浜に向けて離岸していきます。

画像


赤の二引きは、日本郵船のトレードマークです。

画像


画像


画像


画像


タグボートの連係で、湾内で180°ターンを開始しました。

画像


離岸の映像



清水港特有の180°方向転換の映像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

まゆき
2009年04月18日 21:41
naoさん こんばんは

清水港もお天気が良かったのですね。富士山が綺麗です。やはり清水港は、この富士山が強みですよね。これからも特に外国船の入港は増えていくのではないでしょうか。

セレニティは、救命ボートが格納されているのですね。そのため、船体がよりスッキリしています。方向転換の動画が素晴らしい!naoさんの動画も相変わらず素晴らしいですけど、セレニティも綺麗に旋回しているなぁとうっとりと眺めました。
長崎では、入港時の旋回には間に合わなかったので、こちらで見せていただいて嬉しかったです。
hiroshi
2009年04月18日 21:44
素晴らしい
映像も画像も、さすが、さすが

飛鳥Ⅱの姉妹船、二引きのファンネルマークもバッチリですね。

奥さまですか? 背後で可愛い女性の声も??聞こえて、和やかですね~~
たえこ
2009年04月18日 22:04
nao さん こんばんわ~

セレニティの画像素晴らしい!! まゆきさんの見学会も素晴らしいですが~羨ましい!!
あこがれですが~~ 乗れないでしょう~ お高いです。

北欧で、クリスタルシンフォニィー号に遭遇した事が有ります。

やはりファンネルに飛鳥Ⅱと同じ二引の赤いラインも良いですね~ 
動画がまた美しいです。 わたしは何時もピンボケですなんでかな?
nao
2009年04月18日 23:10
まゆきさん、今晩は

行ったのが午後からでしたが、富士山は上のほうが少し見えていました午前中はしっかり見えていたのかも知れませんね~

>セレニティは、救命ボートが格納されているのですね。そのため、船体がよりスッキリしています。

全くその通りですね!眺望が妨げられるキャビンがなさそうで良いですね~

>長崎では、入港時の旋回には間に合わなかったので、こちらで見せていただいて嬉しかったです。

ありがとうございます
動画は、まゆきさん、たえこさん、hiroshiさんに見ていただくために撮りました


nao
2009年04月18日 23:17
hiroshiさん、今晩は

お褒めのお言葉、ありがとうございます。
まゆきさんにも書きましたが、動画は、まゆきさん、たえこさん、hiroshiさんに見ていただくために撮りましたよ~~~

>奥さまですか? 背後で可愛い女性の声も??

確かに内の奥さんの声が入っていますね~
コンデジの動画なので動画撮影中が分かりづらく、よく話しかけられます



nao
2009年04月18日 23:24
たえこさ~ん、今晩は

お褒めのお言葉に感謝です
そう言っていただくと、撮ったかいがありますよ~~~

>乗れないでしょう~ お高いです

確かに相当高いですね~~~
手も足も出ません

>わたしは何時もピンボケですなんでかな?

そんなことはありませんよ~
皆さんも言っておられますが、たえこさんの撮られる写真は素晴らしいと思います。
旅先の雰囲気が凄く、リアルに伝わってきますから



この記事へのトラックバック