谷川岳

水上温泉に宿をとったので、高山植物がきれいな谷川岳を見に行ってきました。

画像


ロープーウェーとリフトを使ってここまでは誰でも来れます。
しかし、ここから頂上3Kmと書かれていましたが、登山装備がなければ登れません
とても3kmで行かれる距離には思えませんでした

画像


谷川岳
標高は2,000mにも満たないが険しい岩壁と複雑な地形、中央分水嶺のため変化の激しい天候、また一ノ倉沢を始めロック・クライミングのメッカでもあるため、遭難者の数も群を抜いて多い。昭和6年(1931年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、2005年までに781名もの登山者が遭難死という飛びぬけた数は、日本のみならず、世界のワースト記録を保持している。ちなみにエベレストのそれは178人である。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

左の突起している山がトマの耳(標高1,963m)、右の突起している山がオキの耳(標高1,977m)と呼ばれています。


画像



みるみるガスってきました。山が見えなくなり、空模様も怪しくなってきました。

画像


画像


冬はスキー場になるのでしょ

画像


帰りはリフトででなく、歩いて降りてきました。
谷川岳で出合った高山植物たち

画像画像


画像画像


画像画像


画像画像


画像


途中で出会ったおば様は「1人で谷川岳頂上に行ってきた」と話をしてくれました。
よく谷川には来るそうで、自分のペースで歩けばリフト降り場から(頂上まで3km)頂上まで4~5時間で登れるそうです。途中2~3箇所、難所があるそうですが良く整備(鎖がある)されているので大丈夫だそうです。

山頂付近から見える星達はすごく近く見えたと言っていました。「山小屋もあり宿泊も出来るので是非登ってみてね」と言ってくれました。
少々、足腰を鍛えて、来年の夏はトライしてみようかな!












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あおちゃん
2008年08月24日 21:54
 こんばんは~naoさん(@^-^@)
 谷川岳ってそんなに遭難者が多い場所なんですね(>。<)ビックリ!!です。
高山植物きれいですね。 
空気がきれいで、気持ちよさそう~(^-^)
まゆき
2008年08月25日 10:40
naoさん、おはようございます!

「谷川岳」というタイトルを見て、最初、naoさんは登山もされるのかと思いました。
谷川岳といえば、本格的な「山」ですよね。
ロープウェイで登れるところぐらいは誰でも行けるのでしょうけど、それから上はやはりしっかりした山登りの装備や知識が必要なのだと思います。
私は最近は全然登りませんが、実家の父親が山好きで、子供の頃よく山に連れて行ってくれました。立山のアルペンルートも、誰でも手軽に大自然を楽しむことができる反面、山の恐ろしさを知らない中途半端な登山マニアの増加を促しているのではないかと思っています。
最近の登山ブームにちょっと?と首を傾げています。

山を甘く見てはいけませんよね。
谷川岳山頂ま一人で登られたというおば様も、超ベテランの慣れた方なのでしょうけど、単独行というのはどうなんでしょう?万が一という場合にはどうされるんでしょうね。
たえこ
2008年08月25日 20:39
naoさん (☆^〇^☆)/ おばんです~~

綺麗な写真からも天気の変化が早いと見れます。
天使の階段も見られたのですね!
高山植物も綺麗です。`☆★☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆

谷川岳の遭難は本当に多いとは知って居ましたが、
世界一でしたか? エベレストよりも4~5倍の遭難者は驚きでした。
先日は白馬の大雪渓の遭難はガイドも一緒に大雪渓土砂崩落で行方不明です。 ベテラン登山家ですら危険です。
どんなに準備しても怖いです。
谷川岳は標高は2千メートルでもそそり立った危険な所ですから 一人で行かれたご婦人は凄いです。
nao
2008年08月25日 22:49
あおちゃん、今晩は。

>谷川岳ってそんなに遭難者が多い場所なんですね(>。<)ビックリ!!です。

そうらしいですね。
でも谷川岳に警察の山岳救助隊が遭難者の救出にあたっている光景はテレビでも見ますね。

その程、難しく危険な山なんでしょうね。
特に冬山は!
山男はそれを克服することが、魅力なんでしょうね。
nao
2008年08月25日 22:59
まゆきさん、今晩は。

まゆきさんの仰る通りです。

>山の恐ろしさを知らない中途半端な登山マニアの増加を促しているのではないかと思っています。

確かにそうですね。
一昨年の夏、栂池高原へ高山植物を見に散策したのですが、急に雲行き怪しくなり、途中で引き返したことがありました。その数分後、豪雨となり、落雷で下山までの
ロープウェーが止まってロープウェー乗り場で2~3時間、足止めくらいました。
この時、初めて山の天気の怖さを知りました。

最近の登山ブームは、団塊の世代の方が結構多いと聞きました。
経験豊富な方と同行することが鉄則ですね。


nao
2008年08月25日 23:06
たえこさ~ん、今晩は。

午後になると、山はガスってきます。
雲が集まってきますね。
山を見るのは、朝一が良いですね!

>天使の階段も見られたのですね!

見れましたよ!思わず写真撮りました!

>先日は白馬の大雪渓の遭難はガイドも一緒に大雪渓土砂崩落で行方不明です。

旅行会社のツアーで「白馬の大雪渓に行く」ツアーもありますが、素人は危険ですね。

八方池から白馬の大雪渓を見たことがありますが、本当に凄いところですね。行きたくなるのはわかる気がしますね!

hiroshi
2008年08月29日 21:07
たえこさんとオンナジ~~。

>日本のみならず、世界のワースト記録を保持している。ちなみにエベレストのそれは178人である。

遭難が多いことは知っていましたが、こんなだとは~~。
このためなのでしょうね。谷川岳を舞台にした山岳遭難小説も多いデスヨネ。井上靖の「氷壁」の穂高ほどポピュラーではないけれど、小説の舞台の山としても、調べてみれば、おそらく日本一なのではないでしょうか?

高山植物がキレイです。
nao
2008年08月30日 20:23
hiroshiさん、今晩は。

今日も雨でしたね~~~

谷川岳=遭難者が多い山(危険な山)のイメージでした。

しかし、夏の良い時期に行ったので、そんなイメージは持ちませんでした。天候によっては山は変貌するのでしょう。

谷川岳の山頂付近に山小屋があるそうですが、県警の山岳救助態の方が、定年後、営んでいるそうです。

この記事へのトラックバック