アメリカ L.A へ

昨年の9月、初めて外国船に乗船する機会を得ました。
というか、妻が仕事を辞めたのでこの時とばかりに、サマーバケーションを強引に取り
「ダイアモンド・プリンセス」で行く「メキシコ・リビエラクルーズ」を申し込みました。
飛鳥好きの僕は、同じく長崎三菱造船所で建造されたダイアモンド・プリンセスに一度乗ってみたいと思っていました。メキシコ・リビエラクルーズはプリンセスクルーズのクルーズプランの中でも比較的ショートの乗船しやすいプランです。ですから、もうこれは乗るしかないという気持ちになったわけです。

9月23日 成田空港からシンガポール航空にてアメリカのL.Aへ目指します
シンガポール航空 SQ12便です。

画像


エコノミーの約10時間のフライトは少々腰にきます
間もなくL.A国際空港に着陸です。

画像


無事に定刻通りに、L.A国際空港に到着しました。
米国入国のチェックは厳しく、両指の指紋と顔写真を撮られます。
無事に入国審査を終え、お迎えの人を探します。がいっこうに現れません。
妻と二人で必死です。「クルーズ・・・・・」の旗を持った人は・・・・???
現れず、少々、焦ってきました。
近くには「プリンセス・クルーズ」の旗をもったアメリカ人の女性はいます。
でも、迎えは「クルーズ・・・・・」の旗を持った人と聞いていましたから違います。
すがる思いで、そのアメリカ人女性に片言の英語で聞いてみると、周りのお迎えの人たちに
声を掛けてくれましたが、お迎えを名乗り出る人はいません!
困った顔をしていると、「Come on」と言いついてくるように言われました。

僕たちの先を行くのが、この女性の方です。

画像


そして、プリンセスクルーズ「メキシコ・リビエラクルーズ」のチケットを確認するとL.A港行きのプリンセスクルーズのチャーターバスに乗せてもらいました。

画像


周りは英語が飛び交います。アメリカ人?カナダ人?すごく陽気ですが、こちらは不安です
お迎えの人とすれ違い。お迎えの人まだ待っているかな・・・・・?。
でも約束の場所にいなかったのだから、こちらがすごく迷惑だったと思いつつ、車窓のハイウェーを楽しんでいました

画像


空港から一時間くらは走ったでしょうか、バスはL.A港に到着しました。

画像


成田~アメリカL.A~L.A港①
つづきます





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hroshi
2007年12月30日 10:19
ん、ン? どうなります? どうなったのですか?
早くハナシの続きを聞きた~い!

naoさん、ひょっとすると、ミステリー作家の才能、お持ちではないですか? え、どうなるの?と、続編が興味津々です。このアメリカ人の、仕事への熱意を図れますが?

こちらもD・Pに乗りたくて、2006年1月~2月にかけて、オセアニアクルーズに。7階プロムナードデッキ、右舷、前方に近い位置の壁に掲げられた三菱の金色のプレート。とても誇らしく思いました。

記事をお書き込みになった時間から推測すると、本日はお休み? ですか。
nao
2007年12月30日 15:26
hiroshiさん、今日は。
今日は休みのはずだったんですが、今から仕事で病院に行かなければならなくなりました。

>ひょっとすると、ミステリー作家の才能、お持ちではないですか? え、どうなるの?と、続編が興味津々です。

そんな・・・(冷汗)僕は、国語力や文章能力がないのに、hiroshiさんのような方(hiroshiさんは、本を沢山読んでおられそうです)お言葉をいただけるとその気のなってしまいますよ・・・。(笑)
続きの話は、5~6話で完結の予定です(笑)

hiroshiさんもダイアモンド・プリンセス乗られましたか!オセアニアクルーズはニュージーランドのフィヨルドも航行したのですか?

>三菱の金色のプレート。とても誇らしく思いました。

僕が見たのは、レセプション横の金色のプレートでした。日本人がこの様な素晴らしい船を造り上げる技術を持っていることに対して、日本人として誇りに思いました。(感慨深く感じました)
では、行ってきます!


hiroshi
2007年12月30日 18:08
naoさん、今晩は。
またまたお邪魔しました。

>オセアニアクルーズはニュージーランドのフィヨルドも航行したのですか?

昨年からはサファイヤ・プリンセスのみのオセアニア・クルーズになりましたが、長崎生まれの両プリンセスが就航した直後はご存知のとおり、2005年はサファイヤが、翌2006年はダイヤモンドがあのコースに就航しました。こちらは2006年のダイヤモンドに乗ったわけです。

オークランド発とシドニー発がありますが、オークランド発シドニー着のコースで乗船。で、フィヨールド・ランドでは、ダスキーサウンドから入ってダウトフル、トンプソン、ミルフォードの順で巡りました。ミルフォードでは、船に乗り移ったガイドさんが、あんたらはラッキーだ、ここで晴れるのは1年のうち5,6日。その珍しい日にぶつかった、と、何度も叫ぶくらいに天気に恵まれました。

ところで本日、郵船クルーズから、飛鳥Ⅱの火災事故発生の報告とお詫びの手紙が送られてきました。naoさんの元にも着いたことと思います。親切な対応で驚いております。
nao
2007年12月30日 23:21
今晩は、hiroshiさん。
レコード大賞も決まり(実はコブクロ大好きです)、いよいよ大晦日、間近ですね!

ミルフォード行かれたのですね。僕はフィヨルドを見たいために、新婚旅行はノルウェーのソグネフィヨルドに行きました。(ほとんど自分の意見を通しました)あとはhiroshiさんが行かれた、ニュージーランドのフィヨルドにいつかは行きたいと思っています。

そうそう、hiroshiさん、郵船クルーズから家にも手紙来ていました。hiroshiさんからそのこと聞いていなければ、郵船クルーズからのお年玉(クルーズ優待券)かと思いました。(爆笑)

この記事へのトラックバック